初心者も経験者も一緒にバスケットボール!@豊中5中

こんばんは。

11月23日に開催した「エンジョイバスケットボール@豊中5中」の活動報告です。

活動報告

日時:2021年11月23日(火)

場所:豊中市立第五中学校

参加者:18名(初参加6名、子ども4名)

最近は何をするにしても「久々に」「何か月ぶりに」と言っているような気がしますが、今回も約1年ぶりとなる豊中市立第5中学校でのバスケットボールでした。

祝日の、しかも午前中ということで参加者は少ないかなーと思っていましたが、予想に反して多くの方が参加してくれました。

前回前々回の長居障がい者スポーツセンターでの活動に続いて、今回も初参加の方が多い日となりました。

10時~

体育館開放。

初参加の方が多かったので、練習が始まる前に最初にチームの簡単な約束事や注意事項などを説明します。

10時40分~

練習開始。

初心者も経験者もおられましたが、皆さん運動不足ということだったので、ゆっくりウォーミングアップから開始。

ドリブルをしたりボールハンドリングをしたりと、ボールを扱いながら身体をほぐしていきます。

 

11時~

全体練習が終わったら、経験者グループと初心者グループに分かれて練習します。

初心者グループでは、レイアップシュートと簡単なマンツーマンディフェンスの練習を行いました。

11時40分

ゲーム開始。

いつも通り二手に分かれて5対5を行います。

(今回は初心者グループと経験者グループに分かれました。どちらにいくかは自己申告制です。)

初心者チームには経験者が一人ずつサポートに入ります。

(初心者だけだとドタバタして終わってしまうことがあるため、ペースをある程度コントロールするという意味で。)

12時20分

ゲーム終了。

みんなでクールダウンです。

ゆっくりとストレッチをしながら呼吸を整えます。

最後に簡単な挨拶をして解散。

ハイライト動画

さいごに

初参加の方も皆さん「楽しかったです」と声をかけて下さいました。

初めて来る時は知り合いもおらず不安だと思うのですが、そんな方が「楽しかった」と笑顔で帰ってくれると本当に嬉しく感じます。

「また参加したいなー」

「バスケ楽しいなあ。上手くなりたいなあ」

と感じてもらえるよう、今後も活動を続けていきたいと思います。

豊中市役所の職員さんが取材に来られました

また、今回はとよなか夢基金の関係で豊中市役所の方が取材に来られていました。

皆さんには「カメラを意識せずいつも通りにしましょうね」と声かけしたものの、自分の服装を見てみると普段は着ないエーネン大阪の公式ユニフォームを着用しているという、知らないうちに取材を意識してしまっている自分に驚きでした。

今日撮影された写真が、そのうちとよなか夢基金の冊子やホームページにアップされるかもしれません。

どんな写真が使われるのかわかりませんが、楽しみにしておきましょう!

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

エーネン大阪ノースとは

精神障害や発達障害の当事者が安心して楽しめる場をつくることを目的に、バスケやヨガ、ハイキングなど様々なスポーツや創作活動などに取り組んでいます。

興味のある方はお気軽にご連絡くださいねー。

アーツ&スポーツクラブ エーネン大阪
代表:坪井(作業療法士)

※エーネン大阪ノースの活動はとよなか夢基金助成対象事業です。

エーネン大阪のSNS

以下のSNSでも情報を発信しています。
興味のある方はフォローお願いします。