競技性ソーシャルバスケットボールチーム活動再開!@豊中市立障害福祉センターひまわり(2022.4.9)

恐らく世界で唯一の競技性ソーシャルバスケットボールチーム。

多分。

コロナ禍で2年以上活動を休止していましたが、ようやく活動再開が実現しました。

活動報告

予定通り18時30分にスタート。

エーネンお馴染みのメンバーも、以前から競技性チームに参加していた人も、コロナ禍以降にエーネンに参加し始めた人も、全員この日は体験者として参加。

ということで、まずはそれぞれ自己紹介をして頂きました。

穏やかな雰囲気で開始です。

(18:40~)ウォームアップ

まずはウォームアップ。

心身をあたためつつ、身体のキレ、バスケのステップを身につけるために、ラダーを使った運動を行いました。

その後はストレッチや軽めのフットワーク。

怪我の予防も大切です。

(19:00~)ドリブルシュート

それぞれの課題を確認するために、全体でドリブルシュート。

やっぱり非利き手のドリブルやシュートが苦手な人が多いようです。

(19:15~)ポジション別練習

インサイド陣とアウトサイド陣にグループを分けました。

アウトサイド陣は主に非利き手を使ったドリブルやシュートの練習。

インサイド陣はポストプレーからのシュート練習を中心に。

(19:45~)ディフェンスのポジション確認

バスケ経験がなかったり短い人が多いので、ディフェンスのポジションについて確認。

(20:00~)3対4

最後はかるーくオールコートの3対4を実施。

今日の練習で取り組んだ課題の成果を見ることができ、良いゲームとなりました。

(20:20~)クールダウン、片付け

全体でストレッチ、挨拶、後片付けをして終了しました。

ハイライト

さいごに(参加にあたっての注意事項)

再開初日は予想以上に申し込みが多かったため、途中で締め切らせて頂きました。

コロナ禍ということもあり、感染予防やスタッフ不足など様々な理由から参加人数を制限せざるを得ない状況であることをご理解ください。

今後も少しずつ体験を募集できればと思っています。

参加手順

  1. 定期的にエンジョイバスケットボールに参加して下さい(※エーネン大阪の活動に今まで定期的に参加していない方、長期間参加していない方は、まずはエンジョイバスケットボールからご参加ください
  2. 見学・体験(過去に競技性チームに参加していた方も改めてスポーツ保険に加入する必要があるため、体験からスタートして頂きます)
  3. 体験した上で「やってみたい!」と思った方はお申込みください。
  4. 情報提供書の記入、スポーツ保険加入(¥1850)、参加費(¥1000)支払い
  5. 参加

今後のスケジュール

次回は

5月14日(土)18時30分~20時30分
@豊中市立障害福祉センターひまわり

に決まりました。

この日の体験者の募集は2名までとさせて頂きます。

参加をご希望の方は事前にお申込みください。

感染状況等によっては急遽中止になることもございます。
ホームページやSNSでお知らせしますので、参加予定の方はこまめにご確認くださいね。

エーネン大阪Zとは

エーネン大阪Zとは、精神障がい者バスケットボール(ソーシャルバスケットボール)の競技性チームです。

普段開催している「エンジョイバスケットボール」よりも、「バスケを深める」ことを目的とし、基礎練習などを中心に行っています。

エーネン大阪とは

精神障害や発達障害の当事者が安心して楽しめる場をつくることを目的に、

バスケや卓球、バドミントン、ハイキングなど様々なスポーツや創作活動などに取り組んでいます。

興味のある方はお気軽にご連絡くださいね。

エーネン大阪のSNS