競技性ソーシャルバスケットボールチームの活動報告@豊中市立障害福祉センターひまわり(2022.6.18)

全国大会まで、残り5か月を切ってしまいました。

時が経つのは早い。

頻繁に練習が出来るわけでもないし、毎回メンバーが揃うわけでもないので、一回一回の練習が大切になってきます。

大会が近づいてきているということで、個人スキルを高めるところからチームプレーの質を高めることに練習内容をシフトしつつ、楽しくバスケをプレーしてきました。

それでは、活動報告をご覧ください。

活動報告

日時:6月18日(土)18時30分~20時30分

場所:豊中市立障害福祉センターひまわり

(18:30~)ウォームアップ、ストレッチ、基礎練習

ラダー、動きながらのドリブル練習で身体を温めてから全体でストレッチ。

身体のキレを出したり、ボールを身体に馴染ませることはもちろんですが、何より大切なのはケガ予防。

この辺りにはしっかり時間を使っています。

メンバーによっては、この段階で結構疲れている人も(笑)

(19:00)パス練習

対面パス

  • 片手
  • 両手
  • ボール2個
  • 回数

など、様々な設定で行います。

(19:15)ドリブルシュート

前回行ったドリブルシュートよりも、少しだけ難易度を上げた練習を行いました。

ドリブルは前に進むだけじゃなく、横に進んだり後ろに戻ったり途中で方向を変えたり、状況や目的によって様々な動きが必要になります。

難しくてできないこともあるかもしれませんが、チャレンジすることが大切です。

(19:30)ポジション別練習

インサイド陣とアウトサイド陣に分かれての練習です。

前回と同じ課題に取り組んだり、新しい課題に取り組んだり、相談しながらメニューを決めています。

(19:45)オールコートの3対3

今回の練習では、メンバーのご家族が「写真撮影の練習をしたい」ということだったので、たくさん撮ってもらいました。

普段とはクオリティーの違う、躍動感溢れるかっこいい写真をご覧ください。

(※加工して少しぼやかしています。)

好プレー集!

 

さいごに(参加にあたっての注意事項)

参加手順

  1. 定期的にエンジョイバスケットボールに参加して下さい(※エーネン大阪の活動に今まで定期的に参加していない方、長期間参加していない方は、まずはエンジョイバスケットボールからご参加ください
  2. 見学・体験(過去に競技性チームに参加していた方も改めてスポーツ保険に加入する必要があるため、体験からスタートして頂きます)
  3. 体験した上で「やってみたい!」と思った方はお申込みください。
  4. 情報提供書の記入、スポーツ保険加入(¥1850)、参加費(¥1000)支払い
  5. 参加

今後のスケジュール

月に2回程度、練習を行う予定です。

(1回はチーム練習、1回は自主練習が主)

今後のスケジュールは「競技性ソーシャルバスケットボールチーム」のページをご確認ください。

体験は基本的に2名までとさせて頂きます。

参加をご希望の方は事前にお申込みください。

感染状況等によっては急遽中止になることもございます。
ホームページやSNSでお知らせしますので、参加予定の方はこまめにご確認くださいね。

エーネン大阪Zとは

エーネン大阪Zとは、精神障がい者バスケットボール(ソーシャルバスケットボール)の競技性チームです。

普段開催している「エンジョイバスケットボール」よりも、「バスケを深める」ことを目的とし、基礎練習などを中心に行っています。

エーネン大阪とは

精神障害や発達障害の当事者が安心して楽しめる場をつくることを目的に、

バスケや卓球、バドミントン、ハイキングなど様々なスポーツや創作活動などに取り組んでいます。

興味のある方はお気軽にご連絡くださいね。

エーネン大阪のSNS