「全国大会まであと3ヶ月!」競技性ソーシャルバスケットボール活動報告@豊中市障害福祉センターひまわり(2022.8.14)

全国大会まであと3ヶ月!

いよいよ大詰めです。

コロナが大流行りで全員揃っての練習もままなりませんが、集まったメンバーでしっかりとバスケを楽しんできました。

活動報告

日時:8月14日(日)10時00分~12時00分

場所:豊中市立障害福祉センターひまわり

(10:00~)ウォームアップ、ストレッチ、基礎練習

10時からウォーミングアップを開始し、心身を温めます。

何故こんな時間から練習するかというと、全国大会は朝から開催されるからです。

1試合目にプレーする可能性も十分にあるということです。

朝から身体を動かすということに少しでも慣らすために、午前中からの練習もちょくちょく取り入れることにしています。

基本おじさんがメインのチームなので、朝から運動するというのはとてもしんどいことなのですが・・・

エーネン大阪の目標はあくまで全国優勝。

しんどいですが、頑張りどころです。

いつも通り、ウォームアップ、ストレッチ、基礎練習で徐々に心身を温めていきます。

(10:20〜)シュート練習

各自の課題となるシチュエーションやポジションからのシュート練習。

パスからのジャンプシュートを練習する人もいれば、ドリブルシュートの練習をする人もいます。

シュートを打っていない人は、リバウンドを取ったりバスをしたりと役割を交代しながら行います。

(10:40〜)ディフェンス練習

競技性チームですが、初心者プレーヤーもいるので、ボールマンへのディフェンス練習。

姿勢からステップの踏み方、相手との距離などを説明しながら練習に取り組みます。

心身ともに負荷の高いメニューです。

(11:00〜)1on1

ディフェンス練習の成果を出すための「1on1」です。

負け残りルールでしたが、皆あまりシュートが決まらずすぐに交代の繰り返しでした(笑)

(11:20〜)2on2

最後に「2on2」

大会に備えるため、より実践的なメニューをこなしていきます。

もうこの頃になると皆バテ気味です。

数少ない良いプレーを近々インスタグラムにアップするのでご覧くださいね。

(↓アップしました↓)

さいごに(参加にあたっての注意事項)

参加手順

  1. 定期的にエンジョイバスケットボールに参加して下さい(※エーネン大阪の活動に今まで定期的に参加していない方、長期間参加していない方は、まずはエンジョイバスケットボールからご参加ください
  2. 見学・体験(過去に競技性チームに参加していた方も改めてスポーツ保険に加入する必要があるため、体験からスタートして頂きます)
  3. 体験した上で「やってみたい!」と思った方はお申込みください。
  4. 情報提供書の記入、スポーツ保険加入(¥1850)、参加費(¥1000)支払い
  5. 参加

今後のスケジュール

次回は9月10日(土)、いよいよ練習試合です。

気合を入れていきましょう。


基本的には月に2回程度、練習を行う予定です。

(1回はチーム練習、1回は自主練習が主)

今後のスケジュールは「競技性ソーシャルバスケットボールチーム」のページをご確認ください。

体験は基本的に2名までとさせて頂きます。

参加をご希望の方は事前にお申込みください。

感染状況等によっては急遽中止になることもございます。
ホームページやSNSでお知らせしますので、参加予定の方はこまめにご確認くださいね。

エーネン大阪Zとは

エーネン大阪Zとは、精神障がい者バスケットボール(ソーシャルバスケットボール)の競技性チームです。

普段開催している「エンジョイバスケットボール」よりも、「バスケを深める」ことを目的とし、基礎練習などを中心に行っています。

エーネン大阪とは

精神障害や発達障害の当事者が安心して楽しめる場をつくることを目的に、

バスケや卓球、バドミントン、ハイキングなど様々なスポーツや創作活動などに取り組んでいます。

興味のある方はお気軽にご連絡くださいね。

エーネン大阪のSNS