バスケゴールの高さはどれくらい?大人と子どもで違いは?

バスケットボールというスポーツは、「ゴール」にボールを入れるスポーツです。

バスケ漫画『スラムダンク』では、主人公の桜木花道がバスケ部のことを「玉入れ遊び部」とバカにして、ゴリが怒っていましたよね(笑)。

確かに「玉入れ遊び」に違いはないのですが、玉(ボール)を入れることは簡単ではありません。

その理由の一つは、玉(ボール)を入れる「ゴール」が高い位置にあるからです。

では、「高い」ってどれくらいなんでしょうか?

今回は「ゴールの高さ」について調べてみました。

バスケゴールの正式?名称

「バスケゴール」のことをバスケットボール界では、

「リング(ring)」

と呼びます。

  • 「リム(rim)」
  • 「フープ(hoop)」

という呼び方もありますが、日本では多くの人が「リング」と呼んでいると思います。

「ゴール」という呼び方もあまりしません。

ということで、ここからは「リング」という名称で統一してお話ししていきたいと思います。

年齢や男女によってリングの高さは違う?

  • リングはどれくらいの高さなのか?
  • 大人と子どもでは高さが違う?
  • 男女では高さが違う?
  • NBAやオリンピックでは?

バスケに詳しくない人に聞いてみると、様々な疑問が出てきました。

リングの高さ

FIBA(国際バスケットボール連盟)が規定した地面から3.05mというのが基本的な高さです。

ですが、ミニバスやNBAなど年齢や団体によって違いもあるようです。

それぞれ説明していきたいと思います。

一般用(中学生以上、男女とも)

一般用のリングは地面から3.05mの高さにあります。

中学校以降はこの高さでプレーすることになります。

”中学校”も”高校”も”大学”も”Bリーグ”も”オリンピック”も同じです。

小学校(ミニバス)では

小学生がするバスケットボールのことを

「ミニバスケットボール」

略して

「ミニバス」と呼びます。

ミニバスでは、リングの高さは地面から2.60mです。

成人用のリングよりも45cm低く設定されています。

男女差は?

ゴールの高さに男女差はありません。

男バスも女バスも3.05mです。

ただし、ボールの大きさには違いがあります。

バスケットボールのサイズに関しては以下の記事をご覧ください。

関連記事

「バスケットボールが欲しいけど、どれを買っていいかわからない!」 という相談や悩みがちょこちょこ寄せられます。 確かにバスケットボールは、 「大きさ」も「素材」も「メーカー」も「価格」も種類が多すぎてややこしいです。 […]

東京オリンピックのバスケ女子日本代表についての記事はこちら。

NBAのバスケゴール

NBAでは10ft(フィート)と定められています。

1ftが0.3048mなので、10ftは3.048mということになりますね。

日本で私たちが慣れ親しんでいるリングとは2mmの差です。

何故このような差が生まれるかというと、

統括している団体が”FIBA”と”NBA”で異なることが理由です。

3×3のバスケゴール

3×3はオリンピック正式競技なので”FIBA”が統括団体となります。

なので、リングの高さは3.05mですね。

また、U12カテゴリーでは

2.60mに下げてもよい

と競技規則(3x3rule)で定められており、可能であればミニバスと同じ高さに設定するようです。

車いすバスケットボール

パラリンピックの花形競技のひとつで、

スラムダンクの作者、井上雄彦先生の漫画「リアル」の題材にもなっている車いすバスケットボール。

これもリングの高さは3.05mです。

座った状態でシュートを撃って、この高さまで届くというのは凄いですね。

ツインバスケットボール

車いすツインバスケットボールとは、

下肢だけでなく上肢にも障害があっても参加できるように考案されたスポーツです。

上肢にも麻痺があると3.05mのリングにはシュートが届かないという方も多くなります。

そこで正規のリング以外に、高さ1.20mのリングが設置されました。

つまり、ツインバスケットボールでは高さ3.05mのリングと高さ1.20mのリングがあるということになります。

二組のリングがあるということから”ツインバスケットボール”と呼ぶそうです。

ソーシャルバスケットボール

エーネン大阪が参加しているソーシャルバスケットボールでも一般バスケと同様、リングの高さは3.05mです。

その他のパラスポーツ(障害者スポーツ)

FIDバスケットボールやデフバスケットボールといったいわゆる障がい者バスケットボールも、リングの高さは3.05mです。

まとめ

バスケットボールで使われるリングの高さは3種類ありました。

〇一般用(中学生以上、男女とも)は3.05m

〇ミニバス用(小学生)は2.65m

〇NBAは10ft(フィート)で3.048m

NBAとFIBAではリングの高さが違うということは、今回調べてみて初めて知りました。

2019年に開催されたワールドカップで渡邊雄太選手がボールの違いについては「慣れないといけない」と話していて、バスの中でもボールを触っているということがよく取り上げられていましたが、ゴールの高さについて話をしていた記憶はありません。

なので、2mm程度であれば、そんなに違いを感じることはないのかもしれませんね。

ボールについては、

  • FIBAとNBA
  • 男女
  • ミニバスと大人
  • 3×3
  • 今と昔

ゴール以上にカテゴリーによって様々な形態があります。

長くなってしまうので、またそのうちご紹介したいと思います。

関連記事

「バスケットボールが欲しいけど、どれを買っていいかわからない!」 という相談や悩みがちょこちょこ寄せられます。 確かにバスケットボールは、 「大きさ」も「素材」も「メーカー」も「価格」も種類が多すぎてややこしいです。 […]

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました!